「きみの傷とぼくらの絆」感想。

こんにちは、とろんちゃんです(◎`・ω・´)ゞ

いつも見に来ていただいてありがとうございます。

6月9日(金)に発売された、FF14の小説

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 〜ON(THE NOVEL)LINE〜

発売日に買ってまいりました!!(ネタバレはなしですのでご安心を)

UFOf4TdxBPHlmdM1497369519.jpg

あらすじ。

オンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』。

強引な従姉によって始めさせられたゲームで、僕はひとりの冒険者と出会う。

YEKcRUqZnnRT7da1497537284_1497537300.png

彼女は可愛らしい猫耳の少女であり、親切で頼りになる先達であり、

明るく魅力的な性格であり、けれど、ゲームの外では――

療養所のベッドでノートパソコンを抱える、暗く沈んだ目をした女の子だった。

ゲームとリアルにおける、二度の出会い。

彼女の傷はリアルから始まりゲームへも影を落としている。

一方、僕らの絆はゲームから始まってリアルへ繋がっていく。

MLJ1rZDVrFa_qH_1497537258_1497537272.png

彼女がゲームの中で見せてくれた笑顔は決して嘘なんかじゃない。

彼女は蒼天の空の下、孤独に新生を待っていたのだ。

だから僕は灰色の病室で、彼女の背を押そうと思う――

ゲームの中で彼女が、僕の背を押してくれたように。


ソードアート・オンラインであったり、ログ・ホライズンであったり、

有名どころのオンラインRPGを題材とした小説は一通り読んできた私ですが、

「そんなコト(出会い・偶然)、ある訳ないよー。」 とか思いながらも

心のドコかで、「こんな出会いがあったらなぁ・・・。」って、つい思ってしまいますww

結構FF14の用語なんかもバンバン出てくるので、

結構ヒカセン向けの作品になると思いますが、

読んでいて、とっても引き込まれる作品でした。

1Dy8VnqY8KsKsxx1497370229_1497370240.png

電撃文庫の公式HPで試し読みを出来ますので、よろしければ・・・。

ファイナルファンタジーXIV きみの傷とぼくらの絆 〜ON(THE NOVEL)LINE〜

とりあえずねぇ・・・・。

イチャイチャすんなや・・ヽ(`Д´#)ノ (うらやましいww)

これは・・・・続くのかな?

むしろ、続け!!って感じですかねww

出たら絶対買います( ´∀`)bグッ!

続きが出るためには、小説の売上が必要だよね・・・。

よし、みんな、買おう!!

6/14追記

作者である藤原祐先生も記事を読んでくれたみたいです。

ビックリしました、リプもいただき、ありがとうございます(*´ω`*)


ではでは、今日のお話はここまでですー。



ブログランキングにも参加しています。

よかったら、ポチっと押してくださいませ。 よろしくお願いしますー。 





記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する