マイディーさん、心よりご冥福をお祈り致します。

かねてより闘病中であった

『光のお父さん』 の原作者マイディーさんがお亡くなりになられました。

11月15日に生放送された「ひかりとお姉さん」で、

すでに余命宣告を受けていて、緩和病棟に入っている事、

11月21日以降、ブログの更新が止まってしまった事で、ある程度覚悟はしていたのですが、

なかなか事実として、受け止められない自分がいます。

a4qKg5fa0YN9RlD1607644025_1607644039.png

私がマイディーさんとFFXIVの世界で初めて会ったのは、2014年の3月ごろ。

当時は、今のように自身がブログを書き始めるなんて微塵も思っていないイチ読者でした。

他の鯖のもキャラを作れるんだ、という事を今更知り、マイディーさん、あるちゃん、きrんちゃん、

一撃確殺SS日記で書かれている光の戦士に会いに行こう、と思ったのがキッカケです。


リムサ・ロミンサのFCじょびネッツァのメンバーが集まる場所で、

マイディーさんをタゲってどう話かけようか迷っていた時、

マイディーさんの方から、「こんばんわ。」と声をかけていただいた事がとても印象的でした。
(今とキャラが全然違いますが・・・。)

私自身、ガンプラやホビーが好きなコトもあり、この場所で何度がお会いし

いろいろお話をさせていただきました。

TJBX3xcGdJMLgd01607605178_1607605191.png

その後、自分もブログを書くようになり、ブロガーズミーティングだったり、

ユーザーズイベントだったりでご一緒させていただく事も何度かありましたが、

どのイベントもイイ思い出です。

c0bcCcCW0sjE8mb1607606097_1607606109.jpg

自身がブログを始めて、毎日更新するコト、そして読み手に伝わりやすく文章で表現する事が

いかに大変なのかを痛感して、ブロガーとしてマイディーさんを尊敬していました。



近年では、書籍 「光のお父さん」の執筆から、ドラマ、劇場版だったり

「ゆうべはお楽しみでしたね」のゲーム画面製作の担当など、

この人、ブロガーだよなぁ・・・とふと忘れてしまうほど、幅広く活動されていましたね。


マイディーさんの携わった作品に本当に楽しませていただいて、感動もさせていただきました。


書籍のあとがきに書かれていた

オンラインゲームというのは悪い事ばかりじゃないんだよ。

考え方や受け取り方、活かし方で人生においてこんなに素晴らしい物になるんだよ。

という部分は、多くに人に伝わったんじゃないか、と思います。


マイディーさんと同じ時代を生き、FFXIVというオンランゲームで一緒に遊ぶ事が出来て

私はとても幸せでした。


一撃確殺SS日記を見返すと、緩和病棟からログイン出来る環境が整ったのが11月12日前後。

マイディーさん自身、最後の時まで大好きなオンラインゲームを楽しめたんだろうか・・・・。

今はあちらでゲームを楽しんでいるといいなぁ、と思います。

何年先、何十年先になるか、わかりませんが、私もいずれはあちらに行く時が来るので、

その時はまた一緒に遊びましょう(*´▽`*)

初めてお会いした時はマイディーさんの方から声をかけていただきましたけど、

今度は私の方から、声をかけさせていただきますね。



FCじょびネッツァのフォーラムによればお別れの場を設けてくれるとの事ですので、

続報を待ちたいと思います。

マイディーさん、心よりご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する